長襦袢をうそつき襦袢へお直し

長襦袢を出来るだけそのまま利用し、うそつき襦袢へ仕立て直しいたします。
糸を全部解くことなくできますので、反物から仕立てるよりも節約になります。
タンスの肥やしになっている寸法の合わない長襦袢や、古くて着ない長襦袢を、
うそつき襦袢にして気軽に着られるようにしてみてはいかがでしょうか?
長襦袢の寸法や状態によってはご希望に添えない場合もございますが、できる限り工夫してお仕立てします。
ぜひお気軽にご質問・ご相談くださいね。


 ▼お仕立て代金▼
A.替え袖+裾よけ・・・・・7000円
お袖を外し、替え袖と裾よけへお直し
替え袖はお手持ちのうそつき襦袢に取り付けてお使い頂けます。

B.半襦袢+裾よけ・・・・・8000円
袖は付けたまま、半襦袢と裾よけへお直し
長襦袢が短く半襦袢や裾よけの長さが出ない場合は、追加料金がかかる場合がございます。

C.替え袖+裾よけ+半襦袢・・・14500円
お袖を外して替え袖と裾よけへお直し、半襦袢を新しくお仕立て
替え袖をしない場合は、お袖を再び身頃に縫い付けます。

D.一部式うそつき襦袢・・・・・14500円
お袖を外して替え袖と一部式うそつき襦袢へお直し
替え袖をしない場合は、お袖を再び身頃に縫い付けます。

ご注文の際にはオプション欄をプルダウンしてお選びください。


 ▼身頃の生地について▼
しおん庵でご用意している半襦袢用の定番生地です。
ご指定の生地でのお仕立ても承りますが、お仕立て代は基本と同じです。

■綿・・・基本のお仕立て代金と同じ
打ち込みがよくサラッとした綿生地で一年を通して使えます。迷ったらこちらをおすすめします。

■綿麻・・・・・・・プラス1500円
綿50%麻50%の綾織の生地で、一般的な綿麻に比べ麻の割合が多いのが特徴。肌に張り付かず快適です。

■綿ネル・・・・・・プラス1800円
着物の下でモコモコしないよう、片面起毛のほどよい厚さのものを選んでいます。
ふんわりと柔らかく温かな肌触りのネル。冬の防寒対策にどうぞ。

■平織り麻・・・・・プラス2000円
麻100%の平織りで、なるべくチクチク感のないものを選んでいます。涼しい夏向きの生地です。

■本麻楊柳・・・・・プラス4000円
当店でも切り売りしている本麻楊柳「近江ちぢみ」を使います。ちょっとお高くなりますが涼しさは抜群です。

※ご注文の際にはオプション欄をプルダウンしてお選びください。


 ▼オプション▼
【替え袖・半襦袢】
■えもん抜き・・・・・・・700円
身頃と同じ生地で作ってお付けしています。

■マジックテープ・・・・・2000円
大きさ・位置・個数は指定できます。

■スナップボタン・・・・・3000円
サビやアレルギーの起こらないプラスチックのスナップを使います。

■袖底に丸みを付ける・・・1000円
替え袖の袖底に丸みを付けて仕立てます。

■半衿(絹交織)・・・・・1000円 
■半衿(洗える正絹)・・・2100円

【裾除け】
■晒しを広くする・・・・・・1000円
広い腰布で腰回り全体をしっかりサポート、着物への汗移りもガードします。

■晒しを広くして端を斜めにする1500円
着物雑誌「七緒」に掲載されている大久保信子流裾除けの形。
腰回り全体を包み込み、お腹をキュッと持ち上げてサポート。ガードルのような効果があります。


■居敷き当てをつける・・・・・1600円 居敷き当ての生地代は別途になります。

■東スカートにする・・・・・・1800円
裾除けにマチを付けることで筒状になっており、前がはだけても足が見えにくいです。

 ★大好評!!半衿付けサービス★
お好みの半衿を送って頂ければサービスでお付けしております。ぜひご利用ください。

※オプションをご希望の場合は、ご注文の際に備考欄にお書き添えください。
後程修正した金額をメールにてご案内します。
販売価格 7,000円(内税)
お仕立ての内容