長襦袢をうそつき襦袢へ加工

お手持ちの長襦袢をうそつき襦袢へ加工します。うそつき襦袢は一部式と二部式が選べます。
長襦袢のお袖を外し、下半分はそのままカットして裾よけや裾回しに使います。
外したお袖は替え袖としてご利用でき、かんたんに取り付けできるマジックテープやスナップボタンも付けられます。
同時に袖丈や袖幅のお直しも承っておりますので、お気軽にご相談くださいね。
※お直しがある場合は追加料金となります。詳しくはお問合せください。
替え袖と裾よけのみに加工する場合はこちら。


【基本の加工料金】
■二部式うそつき襦袢へ加工 16000円
替え袖と裾よけへ加工し、半襦袢は新しくお仕立てします。

■一部式うそつき長襦袢へ加工 16000円
替え袖と裾回しへ加工し、新しくお仕立てする上半身の身頃とつなぎます。

ご注文の際にはオプション欄をプルダウンしてお選びください。


【身頃の生地】
■綿 表示価格と同じ
サラッとした打ち込みのよい綿生地で一年を通して使えます。

■綿麻 プラス2000円
綿50%麻50%の綾織の生地で、しわになりにくく麻の割合が多いのが特徴。
少し生地難が見られるところがあるため、なるべく避けてお仕立てします。


■本麻楊柳「近江ちぢみ」  プラス4000円
当店で販売している本麻楊柳「近江ちぢみ」を使うため、お色も選ぶことができます。夏向きのとても涼しい生地です。

※オプション欄をプルダウンしてお選びください。


【その他のオプション】
■マジックテープ 2000円
大きさ・位置・個数は指定できます。

■スナップボタン 3000円
プラスチック製のスナップを使っています。

■えもん抜き 800円
身頃と同じ生地で作っています。

■半衿(絹交織)  1100円 
■半衿(洗える正絹) 2600円

■筒袖半襦袢 1000円
■レース袖半襦袢 3000円

■腰布が広い裾除け 1000円
腰布の幅は約34cm、晒一幅を贅沢に重ねて使っています。
広い晒でお腹とヒップ全体をサポート、着物への汗移りもしっかりガードします。


■腰布が広く端が斜めの裾除け 1500円
腰布の幅は34cm、晒一幅を贅沢に重ねて使い、さらに端を斜めに切り上げています。
お腹とヒップ全体をきゅっと持ち上げしっかりサポート、ガードルのような効果があります。


■居敷き当て 1500円
取り付け代のみの価格です。
表地が正絹の場合、背縫いが裂けやすいので付けることをおすすめします。
正絹の居敷当て用の生地は、羽二重(胴裏生地・プラス1500円)をご用意しています。


※ご注文の際に備考欄にご記入ください。
販売価格 16,000円(内税)
加工の種類
身頃の生地

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ